全ての社員と常時接続
Xchat(クロスチャット)は、

こんなチームにぴったり!

経過を残すためテキストチャットやメールを用いたいが、口頭で話して早く結論を出したい。
テレワークでも、雑談の中で出て来たアイディアや結論を、自然に共有したい。聞こえてくる雑談に入り込みたい。

チームワークが重要な仕事なので、テレワークでも信頼関係を作り上げたい。

プロジェクトの進捗が悪くなっているので、コミュニケーションの頻度を高めたい。

Xchat・3つの特徴

不安なく話しかけられる
チャットのプレゼンス・カレンダー・PC前での着席状況など、様々な情報を一目で確認可能。相手の邪魔をしないタイミングで話しかけられます。
スムーズに会話できる
トランシーバーのようにキーを1つ押せば相手と会話可能。
会話をしたければすぐ会話、会話をしていない時は静かな環境で集中して仕事ができます。
記録できる
会話内容が録音可能で、Slack等のチャットへも記録可能。
情報が時系列に残り、いつでも振り返り可能に。「言った」「言わない」問題も解消できます。

不安なく話しかけられる

「相手の邪魔をしてしまうのでは」と考え、チャットやメールで「今話せますか」と確認をとって電話をかけることはありませんか?緊急時でなければ、相手が今何をしているのか・電話を取れる状況にあるか気になりますよね?

Xchatは、SkypeやSlackなど社内でご利用のチャットプレゼンスに加え、PCの前の在席状況、カレンダーの情報等、複合的な情報を一目で確認可能。話しかけるべき適切なタイミングで話しかけることができます。

スムーズに会話できる

Xchatのチームは、電話や音声チャットで「ちょっと話す」ができない理由を「呼び出し中」という時間のためだと考えています。

相手を呼び出している間、作業に集中できず、相手の邪魔もしているかもしれません。この小さなストレスは電話を繰り返しかけづらくさせ、一度の電話で全て話さなければいけない、聞き忘れたことのために電話はかけられないという気持ちにさせます。

Xchatは、「呼び出し」が不要で、1つのキーを押して話しかければすぐに相手に繋がるため、オフィスにいるように「さっきこれ聞き忘れて」と何度でも気楽に会話の続きを再開可能で、必要な会話を完結できます。

記録できる

メールやチャットでやりとりをする途中で電話や対面会話へ切り替えると、途中経過や結論などの情報が記録から抜けてしまい、あとで経緯を確認できなくなってしまいます。

Xchat上での会話は記録可能で、Skypeやslackといったチャットツールへ自動で投稿可能。いつ、どのような話をしたか後から簡単に振り返ることが可能で、全ての記録をチャットへ集約できます。

事前登録

Xchat(クロスチャット)の事前登録を開始しました。正式リリースまでの間、研究・開発成果の共有をさせていただきます。ご意見をいただければ、製品への反映を検討させていただきます。よりあなたの問題をスマートに解決できるソリューションとするために、ぜひ登録してご意見をお寄せください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
登録する

全ての社員と常時接続で、「すぐ会話」を実現する。

ちょっと話す。テレワークでは、その当たり前ができません。
ちょっとした会話の減少は、同僚や上司との信頼関係の維持を難しくし、情報の伝達を遅くし、さらに知識の共有を妨げ、企業の体力を落とす要因にもなります。Xchat(クロスチャット)は、テレワークでも、広いオフィスの中でも、みんなが近くで仕事をしているような環境を、音声通話の常時接続をすることで実現するサービスです。

株式会社GOWiDEについて

株式会社GOWiDEは、「すべての人にテレワークという選択肢を。」をキャッチコピーに、生活を第一にその上で好きな仕事を選べる世界の実現を目指してテレワークを推進しています。

全社員、週5日のフルタイム・テレワークを実践しながら、数十社のテレワーク実施企業の方とのお話し合いを通じて「コミュニケーションのあり方」を考えてきました。
私たちは、経験と多岐にわたる意見を取り入れ、多様化する働き方におけるビジネスのコミュニケーションのあり方を再定義します。